TOPO.jpg
株式会社ネプチューンデザイン
サンティッロ フランチェスコ
nep-d.com

トポ:イタリア猫のオス
フランコさん:イタリア人カーデザイナー

2014年01月21日

ブログ記事まとめ

過去のブログ記事をまとめてみました。

santillo.jpg

【カーデザイナーまでの軌跡】

(1)再会
(2)出会い
(3)子供の頃
(4)故郷
(5)思い出
(6)高校時代
(7)交通事故
(8)受験
(9)パパの思い
(10)トリノへ
(11)南北問題
(12)就職
(13)カーデザイナーに



【カーデザイナー転職遍歴】

(1)転職の理由
(2)2社目 イタルデザイン
(3)GGから学んだこと
(4)憧れの対象
(5)GGとは?
(6)GGとの思い出
(7)イタルを去る
(8)ピアッジョへ
(9)メルセデスへ
(10)トヨタへ
(11)トヨタで
(12)ホンダへ
(13)ホンダで学んだこと
(14)日本のカーデザインの現場1
(15)日本のカーデザインの現場2
(16)日本のカーデザインの現場3
(17)日本のカーデザインの現場4
(18)イタリアのカーデザインの現場
(19)クルマ − 情熱 = ただの箱
(20)独立




【社長になる】

(1)転職
(2)会社事情その1
(3)会社事情その2
(4)働き方@
(5)働き方A
(6)転勤
(7)社員と契約社員 その1
(8)社員と契約社員 その2
(9)積んだ経験は生かさなければ
(10)自分を生かすには
(11)決意の後は
(12)計画を立てる
(13)準備 拠点
(14)準備 事務所を借りる
(15)準備 お金を借りる
(16)準備 会社設立 法務局
(17)晴れて社長!
(18)株式会社ネプチューンデザイン
(19)今後の展開




【Viva 日本!】

(1)来日のきっかけ
(2)初めての日本、愛知 
(3)初めての寮生活・豊田市
(4)朝はモーニング
(5)ホームシック
(6)日本女性
(7)友達の輪1
(8)友達の輪2
(9)クルマ購入
(10)運命の出会い
(11)シルクロード
(12)引越し
(13)結婚その1 教会探し
(14)結婚その2 教会裁判所
(15)結婚その3 マリッジレッド?
(16)結婚その4 婚姻要件具備証明書 
(17)結婚その5 おまけ
(18)本外務省のビデオ・・・サイパンにて
(19)弟マリオ
(20)日本語学校入学 就学ビザと留学ビザの違い
(21)トライデント外国語専門学校
(22)留学ビザ取得
(23)マリオ来日
(24)マリオにとって日本は?
(25)マリオ デザイン学校入学
(26)免許書き換え 
(27)イタリアの免許から日本の免許へ
(28)大型自動二輪免許実地試験!
(29)平針運転免許試験場
(30)AGUSTA
(31)交通事故「フランコが・・・」
(32)誠意
(33)保険加入の注意点
(34)相手保険会社との交渉“パスポートを出せ!って何様だ!”
(35)相手保険会社顧問弁護士との交渉
posted by トポ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ記事まとめ

2010年06月09日

相手保険会社顧問弁護士との交渉

「子猫は弁護士とも堂々と交渉していたよ、いちいちFAXで」

なんで?

「仕事中は交渉できないし、それに交渉過程の記録を取るんだ!って」

はー。

「彼女は最初から最後まで毎日毎日FAX交渉していたようだよ。
記録はもちろんなんだけど、電話で話すと感情的になるから、
ということもあったみたい」

大変だったね。

「弁護士からはパスポートの提示は求められなかった。
外国人の場合、不法滞在なら交渉が保険会社の優位になるから、
在留期間や在留資格を確認したかったんだろうね。
登録証ならすぐにわかるけど、法律でダメとなっているから
パスポートを見たがるんだ」

登録証の提示を禁じている理由がこれだとすれば、
パスポートだって提示を求めちゃダメだよね。

「That’s right。トポでもわかるのにねー。パオロの身分に
誤りはなかったけれど、残留期限切れの外国人が被害に
遭った時は、いじめられるんだなぁと実感したよ」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2010年03月17日

相手保険会社との交渉“パスポートを出せ!って何様だ!”

 「開口一番、“パスポートのコピーをください”ときた」

まぁ外国人なんだから身分証明書のパスポート提示は
普通じゃないの?

「何を・・・外国人登録証を持っている外国人の身分証明書は
登録証なんだ。パスポートを見せろ、というのは
税関や警察ぐらいさ」

ただでさえ、怪我して怖い思いをしているところへ
“パスポートを見せろ”と言われ、自分の方が犯罪者扱い
されているとマリオは恐怖に感じたんだね。

「その様子を見た子猫は、“外国人差別ですか?”と
食って掛かっていた」

いきなり差別?

「彼女は知っていたんだ。保険法では外国人に登録証の
提示を求めてはならないと定められていることを」

だからパスポート?

「“そもそもパスポート提示を求める権利があなたには
あるとお思いですか?顧問弁護士に確認されてから再度
お越しください”と最後はかなり丁寧な口調で言っていたよ」

そうしたら本当に顧問弁護士が出てきた?

「そういうこと」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2010年02月06日

保険加入の注意点

 バイク保険には入っていたんだ。

「もちろんさ。トヨタマンだよ。無保険で事故なんて・・・。
でも加入の仕方がまずかったみたい」

事故後の処理は、保険会社がスムーズにやってくれたんじゃ
ないの?

「車両保険に入っていなかったから、相手の保険会社との
交渉はしてくれなかったんだ」

もー、外国人のマリオとフランコさんには、
かなり困難なことだよね。

「というか、不可能。
このあとすぐ、弁護士費用負担の保険に加入した。」

じゃぁ、本件は弁護士自己負担?

「交渉は子猫にお願いした。それに加入保険は会社から
加入しているから、トヨタの社員ということでアドバイスを
受けることにした」

今回は子猫ちゃんの出番はなかったんだ。

「彼女には相手保険会社と交渉してもらった。
そしたら“外人と女だと思ってなめられたー!”と
猛烈に怒った!」

またまた怒らせちゃった・・・

「相手保険会社の担当者はしばらくして子猫に根をあげ、
弁護士対応になった」

なぜ・・・

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2010年01月28日

誠意

「こういうときは誠意が大事だね。相手の車の人は、
全く右を見ることなく、自宅から道路へ出て右折したんだ。
マリオは、山道の左上りカーブを上がっていくところだったから、
スピードは出ていなかったけれど加速していた。
避けるのが精一杯だった。」

避けられたの?

「それでも少し当ってしまったから、マリオは飛ばされて
下の用水路へまっさかさま。僕のモンスターは瀕死の状態」

相手の人は怪我はなかったの?

「うん。でもマリオが避けていなかったら、運転席側面に
つっ込んでいただろうから、怪我は免れなかったと思う」

よかったね。

「警察の現場検証で加害者の自宅前に行った時に、
“遠いからここで”とお菓子を渡された。避けたマリオが
怪我しているのに、お見舞い、お詫びに来ることもなかった。」

俺の車にバイクがつっ込んできた、ような感覚だったのかな。

「このあとの保険会社の人も誠意のかけらもなくって。
日本人はこんなに冷たいのかと落ち込んだよ」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2010年01月14日

交通事故「フランコが・・・」

「AGUSTA車検取得した翌日、マリオと稲武方面に
ツーリングに行ったんだ。僕がMV,マリオがモンスター」

兄弟で走るのは久しぶり?

「久しぶりどころか、イタリアでも機会がなかったから嬉しくて」

シルクロードのマスターも喜んだでしょ?

「シルクロードでお茶をしているときに電話が入ったんだ。
“フランチェスコさんが事故に遭いました”って」

えー、って目の前に居るし。

「僕のバイクだから、車検証見て僕だと思ったんだね、
病院の人は」

マリオはなぜ、一人だったの?

「バイトがあるからと先に帰ったんだ。現場までマスターに車で
連れていってもらった」

心配だったね。

「病院の人が“軽症です”と言っていたから、心配より腹が立って」

あー、モンスター。

「病院に向かう途中で見るも無残なモンスターを見た途端、
ものすごくマリオが心配になった」

そのくらい、モンスターは壊れていたんだね。
で、マリオの怪我は?

「足首に強い捻挫。杖が必要だった」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2010年01月03日

今後のネプチューンデザイン!

一人からのスタート。いつ、仲間を増やすの?

「すぐにでも!一人だから仕事の相談、愚痴、怒りを
ぶちまける相手は、すべて子猫だけ」

子猫ちゃん、大変!

「わかってます。でも一通り会社経営を経験しなければ
ならないから、3年は一人でやってみようと思ってる」

どういう人と働きたい?

「僕のような人」

フランコさんのような?ぶつかっちゃうんじゃない?

「ぶつかってもいいじゃない?社長とぶつかる気概ある方が」

そうだね。デザイナーは、そのくらい自分を持っていないと
就けない仕事だったね。

「また、自分も独立したい、と思うような人」

会社辞めてしまうじゃない?

「その人が僕より10歳も20歳も若かった場合、僕が会社を
辞めたら、他へ移らなくてはいけなくなる」

継いでもらえば?

「会社の形態は継続できても、僕のデザインは僕だけしか
できない。つまり残された人は新しい会社を興すことと同じさ」

NEP−Dは、フランコさんそのものなんだね。

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年10月01日

今後の展開 19/19

今後の展開は?

「会社は、営利だけではなくて、並行して社会貢献しなければ
ならない存在。僕は、ジュジャーロから教えてもらったものを、
い人につなげていきたい。007(ダブルオーセブン)計画」

007?

「40歳って社会人人生のちょうど真ん中。
下の世代と上の世代のボンド役。」

あー、だから007。

「学校でデザイナーの卵たちに教えたい」

トリノでも教えていたね。あの頃はまだイタルに入社した
ばかりで。

「そうだね。あの頃は、憧れのカーデザイナーになったばかりで、
熱のこもった授業をしていたよ。今は、経験を積んで説得力が
増したと思う」

メーカーに対しては?

「じぃになる」

じじぃ?

「じじぃじゃなくて。暴れん坊将軍のそばにいて、
“殿、それは困ります”と殿に意見する小うるさいじいさん。」

殿(メーカー)の向こうにいるコンシューマに嫌われるような
ことは、メーカーにさせてはいけないから」

疎まれるだろうけど、メーカーの為だよね。

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年09月30日

AGUSTA

ドライバー復活にDUCATIモンスターも喜んだね。

「AGUSTAもね」

MV AGUSTA?

「イタリアにいるときに購入していたんだけど、
すぐに日本へ来ることになって、ディーラーに置きっ放しに
していたのを船で運んだんだ」

ふーん。僕には一言も言わなかったね。

「だって、またシート破るでしょう。。。」

僕にとっては、サインと同じだからね。

「貨物会社とやり取りして、やっとのことで名古屋に着いた!」

車検取得してGo!

「それが、並行輸入車扱いのバイクは、車検受け付けてくれる
ディーラーもなくて。カジバジャパンに聞いても“並行輸入車”
には冷たくて。」

ヨーロッパだったらイタリアでもフランスでも保証は同じだよね?
日本では、日本で買わないとダメなの?

「そうみたい。僕みたいに、海外居住者が持ち込んだ場合は
どうなるんだろう、とカジバ本社へ相談して、何とか。。。
車検は、シルクロードのマスターお知り合いに
頼むことができた!」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年09月18日

株式会社ネプチューンデザイン 18/19

「デザインは、売りたいものをデザインしてはいけないんだ。
メーカーが伝えたいものを形や機能に情熱と誠意をこめて
デザインする」

売れないデザインでは、お仕事依頼されないんじゃない?

「そうだね。売りたい!と思ってマーケティングに頼ると、
コンシューマに阿ったものになってしまう。その時は喜ばれても
すぐに飽きられる。今ある息の長い商品は、新規開発のときから
社内からの抵抗が大きく、決してすんなり製品化されて
いなかったと思う。僕は、そういう製品をコンシューマに
提供できるデザイナーでいたい。
デザイナーは地味で目立たない仕事だけれど、
僕のデザインした製品は、ずっと残る。
激しいスポーツカルチョでも、マルディーニのような
ベテラン選手ががんばっている。体は衰えていくけれど、
経験がその衰えを包括し、逆に進化している。
日本で言えば伊達公子。僕は一生デザイナーとして生きたい。
だから独立した。僕の人生そのものだから。」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村